暮らすように楽しむシンガポール

アトラクション

Raffles Hotel Singapore(ラッフルズ ホテル シンガポール)は、ラッフルズ ホテル&リゾートの旗艦ホテルです。1887年に開業した当ホテルは、世界でも数少ない、現存する19世紀のホテルです。「ラッフルズに泊まらずして、シンガポールの旅は終われない」と、昔から旅人たちを魅了し続けてきました。

シンガポール アート ミュージアム
シンガポール アート ミュージアム(SAM)は、コンテンポラリーアートの実践をグローバルな視点でとらえつつ、シンガポールや東南アジア、アジアにおけるアートの創作やアート思考にフォーカスした、モダンな美術館です。この美術館では、エキシビションや公開講座などを通じて、シンガポールに刺激的で創造性に富んだ場を作り、発展させ、訪れる人それぞれの経験を深めることを目的としています。そのために、支援活動、教育、研究、出版、さまざまな分野にわたる芸術家の雇用やその交換など、多彩な活動を行っています。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
チャイナタウン
異国情緒ただようチャイナタウンは、中国系の人々が集う活気に満ちたエリアです。佛牙寺龍華院やスリ マリアマン寺院などの宗教遺跡のすぐ横には、幅1.5mほどの通路を特徴とする趣のあるショップハウスが建ち並び、伝統的な薬草、テキスタイル、装飾品、アンティークなどを扱う店舗がひしめき合っています。

タンジョン パガー地区では、古風なティーショップを訪ねたり、お面、ろう紙の傘、漆塗り製品を見て回りましょう。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
ガーデンズ バイ ザ ベイ
ニューヨークのセントラルパークのシンガポール版のようなガーデンズ バイ ザ ベイは、埋立地に作られた101ヘクタールの緑地公園です。ベイサウス ガーデンとベイイースト ガーデンからなるこの植物園は、まさに園芸家たちの理想郷と言えるでしょう。中でも印象的なのが、12本のスーパーツリー。16階建てに相当する高層庭園です。

そして、もう一つの見所は、海に面して建つ2つのドーム。これらのドームにはさまざまな気候の動植物が集められています。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
リトル インディア
かつては競馬場があり、その周辺には牛の放牧場やレンガ製の窯などが数多く見られたリトル インディアですが、今では、以前の様子が想像できないほど、大きく変貌しました。通り沿いに軒を連ねる情緒あるショップハウスには、一般的なインド人家庭で使われている香辛料をはじめ、サリーや装身具、インドのジュエリー、日用品などが売られています。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
セントーサ島
セントーサ島は、シンガポールきってのレクリエーションスポット。シンガポール島の南部に位置するこの島は、かつては軍事基地として使用されていましたが、1972年に開発が進み、現在の一大レジャーランドとなりました。

全長3.2kmにもおよぶ砂浜や、マリーナ、ゴルフコース、ラグジュアリーホテルなど、この島の魅力は盛りだくさん。そのほかにも、ユニバーサルスタジオやマダム・タッソー蝋人形館、世界一の規模を誇る屋内スカイダイビングのアイフライといった、多彩なアトラクションが楽しめます。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
シンガポール国立博物館
1887年に開館したシンガポール最古の博物館へ、ぜひお立ち寄りください。この博物館の歴史ギャラリーとリビング ギャラリーに設置された、見応えある常設展示では、シンガポールの歴史と文化を紹介しています。シンガポールの人々の暮らしぶりをシンフォニーにのせて映し出すビデオモンタージュをはじめ、さまざまな展示物をお楽しみいただけます。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
シンガポール動物園/ナイトサファリ/リバーサファリ
湖に隣接する69ヘクタールの敷地を持つ、動物学者や旅行客から世界でもトップクラスとの評価を得ているシンガポール動物園。170種類に及ぶ1,600以上の動物が飼育されており、その50パーセント以上が絶滅の危機に瀕した東南アジア原産の動物です。

1994年にオープンした、世界初かつ唯一の夜間動物園であるナイトサファリでは、夜行性動物が活動している珍しい姿を見ることができます。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
シンガポール川
バムボートに乗って、シンガポール川でのクルーズをお楽しみください。シンガポールの貿易国としての成功は、この川沿いを拠点に始まりました。現在、美しく整備された川沿いには、コリヤー キー、ボート キー、クラーク キー、ロバートソン キーという、4つの埠頭エリアがあり、洗練されたレストランやバーが集まっています。

ボート キーとクラーク キーは大勢の人が集まる賑やかなエリア。一方、コリヤー キーはこの4つの中で最も落ち着いた雰囲気で、
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
アジア文明博物館
1,300点を超える美術工芸品を所蔵するアジア文明博物館では、シンガポールの先人たちが残した、中国、東南アジア、南アジア、西アジア伝来の文化財の数々をご覧いただけます。最大の見所は、砂時計の形をしたペジェン様式の修復された青銅製の太鼓と、1941年に英国の考古学者コーリッチ・ウェールズがマレーシアのケダ州ブジャン バレーで発掘した仏陀立像です。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
リトル インディア
かつては競馬場があり、その周辺には牛の放牧場やレンガ製の窯などが数多く見られたリトル インディアですが、今では、以前の様子が想像できないほど、大きく変貌しました。通り沿いに軒を連ねる情緒あるショップハウスには、一般的なインド人家庭で使われている香辛料をはじめ、サリーや装身具、インドのジュエリー、日用品などが売られています。
詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(65) 6412 1180
Eメール:concierge.singapore@raffles.com
閉じる
シンガポール アート ミュージアム
チャイナタウン
ガーデンズ バイ ザ ベイ
リトル インディア
セントーサ島
シンガポール国立博物館
シンガポール動物園/ナイトサファリ/リバーサファリ
シンガポール川
アジア文明博物館
リトル インディア

交通手段

  • 飛行機
    受賞歴のあるチャンギ国際空港は、100社以上の航空会社が乗り入れており、世界60ヶ国220都市に向けて毎週約6,300便が運航しています。シンガポールを代表するナショナルキャリアは、シンガポール航空です。
  • シンガポールは、半島マレーシア(マレー半島南部)と2つの陸路で結ばれています。シンガポール北部のウッドランズとマレーシアのジョホールバルの中心部を直接結んでいるコーズウェイは、とても人気が高く、非常に混雑した国境となっています。マレーシアとシンガポールを結ぶ2つ目の道は、セカンドリンクと呼ばれる橋で、シンガポール西部のトゥアスとジョホール州西部のタンジュン クパンとの間に建設されました。コーズウェイよりも混雑しておらず、速く渡ることができるこの橋は、一部の高級バスサービスの経路ともなっています。
  • タクシー
    シンガポールは、タクシーで出入国ができる数少ない国の一つです。通常のシンガポールのタクシーでのマレーシアへの出入国は許可されていませんが、特別なライセンスを持つシンガポールのタクシーを使って、マレーシアのコタラヤショッピングモールにのみ行くことができます。一方、シンガポールのロチョアロードで拾うことができるマレーシアのタクシーなら、マレーシア国内のどこへでも行くことができます。反対に、マレーシアからシンガポールへ向かう場合は、コタラヤでタクシーに乗り、シンガポール中心部のご指定の場所まで、またはチャンギ国際空港まで行くことが可能です。
  • ボート
    シンガポールとインドネシアのリアウ諸島州や、マレーシアのジョホール州とをつなぐフェリーが運航しています。シンガポールには、国際フェリーが乗り入れる次の4つのフェリーターミナルがあります。セントラル ビジネス ディストリクトの南に位置するハーバーフロント(旧ワールドトレードセンター)、イーストコーストに位置するタナメラ フェリーターミナル、島の東端に位置するチャンギ フェリーターミナルとチャンギポイント フェリーターミナルです。

空室状況を確認