暮らすように楽しむジャカルタ

東南アジアに位置するジャカルタは、独自の文化や風習、伝統が色濃く残る、活気溢れる首都です。常に変化し続けているこの街の「ゴールデン トライアングル」と呼ばれるジャカルタの一等地に、起業家や芸術家たちが集まる新たな注目スポットが誕生しました。それがRaffles Jakarta(ラッフルズ ジャカルタ)です。

ジャカルタの魅力を満喫

急成長が進む商業拠点、ジャカルタのゴールデントライアングルのクニンガン地区に位置するRaffles Jakarta。オフィスタワーをはじめ、ショップやアートセンターなどが集まる、ジャカルタのランドマーク的な複合施設「チプトラ ワールド 1」内にあり、スカルノ・ハッタ国際空港までの距離はわずか28kmです。

ガイド

Raffles Jakarta(ラッフルズ ジャカルタ)

Ciputra World 1

12940 Jakarta、インドネシア

日程

アトラクション

目と耳を刺激するジャカルタの見どころ

チプトラ アートプレナー センター
10,000㎡を超える広さを誇るチプトラ アートプレナー センターは、アートのためにつくられた施設で、美術館、展示ギャラリー、1,200の客席をもつ国際規格のシアターを擁しています。イル・チプトラ博士のアートコレクションを収蔵する美術館では、ヘンドラ・グナワンの作品を中心に、モダニズムの時代から現在に至るまでのインドネシア芸術の変遷を辿ることができます。
テキスト
https://www.raffles.com
イスティクラル モスク
インドネシアの国立モスクであるマスジット イスティクラル(別名、独立モスク)は、120,000名を収容できる東南アジア最大のモスクです。インドネシアの独立を記念して、1978年に創建されたこのモスクは、ムルデカ スクエアとジャカルタ大聖堂に隣接しており、モスクの東側には、敷地に沿うようにしてチリウン川が流れています。

テキスト

https://www.raffles.com
ジャカルタ歴史博物館
ファタヒラー ミュージアムもしくはバタビア ミュージアムの名で知られるこの博物館の建物は、1710年にバタビアのスタッドハウス(市庁舎)として建てられたもので、博物館として開業したのは1974年のことでした。建物内には、37室の壮麗な部屋があり、オランダ東インド会社にまつわる品々、歴史的な地図、絵画や陶磁器、家具のほか、古代の碑文や刀といった先史時代の考古学的遺物など、23,000点を超えるコレクションが収蔵されています。

テキスト

https://www.raffles.com
コタチュア ジャカルタ
バタビアまたはオールド ジャカルタとも呼ばれるこの地区は、16世紀の植民地時代の面影を色濃く残しています。当時の街は、バタビアのなかでも壁に囲まれた地区(今日のコタ)のみで、周辺地域のほとんどはカンプン(村)と稲田で構成されていました。コタの中心部には、グロドックと呼ばれる中華街があります。

テキスト

https://www.raffles.com
閉じる
アーツカフェ

交通手段

  • 空港とホテル間の送迎には、ホテルのリムジン(有料)をご利用いただけます。事前のご予約が必要です

空室状況を確認