ナビゲーションをスキップ お使いのブラウザはフレームに対応していません。

新規オープン予定のホテル

Raffles Europejski Warsaw, Poland(ラッフルズ オイロペスキー ワルシャワ、ポーランド)(2018年)

2018年前半に予定されているRaffles Europesjski Warsawのオープンにより、急速に変化を遂げているこの都市にラグジュアリーホテルが誕生するだけでなく、この街を象徴し、人々に愛される存在が生まれることとなります。Hotel Europejskiは、もともと1857年にオープンしたホテルです。ロシア帝国でも指折りのラグジュアリーホテルの一つとして瞬く間に注目を集めますが、第二次世界大戦中にほぼ壊滅状態となってしまいます。現在のホテルは、1950年代に段階的に修復が行われたのち、1962年にリニューアルオープンを迎えました。

大統領宮殿の隣、歴史地区に位置するこのランドマーク的な建築物の修復工事は、非常に大がかりなものでした。現地の文化財保護団体と緊密に連携し、豊かな同ホテルの歴史と個性に最大の敬意を払いながら進められました。内装はポーランドの建築設計事務所WWAAのボリス・クドリツカ氏に依頼。WWAAが手がけた有名なプロジェクトには、上海万博のポーランドパビリオンやワルシャワの文化センターなどがあります。また、デザインスタジオ、Contemporainのラザロ・ローサ・ヴィオラン氏がホテルの飲食施設のデザインを手がけます。クラシックデザインの象徴を再解釈するヴィオラン氏の手腕は、世界中に数々の印象的なラグジュアリー空間を生み出しています。

Raffles Europesjski Warsawのエレガントな客室とスイートは、合計106室。そのほかにも、ポーランドの豊かな食材を使った季節の郷土料理メニューをお届けする屋外テラス付きレストランや、バー&シガーラウンジをご用意しました。ご宿泊のお客様や地元のお客様に、魅力あふれるHotel Europejskiの歴史に思いを馳せつつチョコレートやケーキ、アイスクリームなどのデザートをお楽しみいただけるパティセリーもございます。同ホテルには、トリートメントルーム6室を完備したスパも併設されます。

今すぐ予約

Raffles Maldives Meradhoo Resort (ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート)(2018年)

ラッフルズ ホテル&リゾートは、当社にとってモルディブ初となるラグジュアリー ホテルをオープンいたします。新しいホテルがオープンするのは静かなメラドゥー島。既存のリゾートが2018年後半に移転して大きく生まれ変わり、ラッフルズ ホテル&リゾートのブランドに加わります。

 

Raffles Maldives Meradhoo Resort(ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート)にはプライベート プール付きのアイランド ヴィラ21棟およびオーシャン ヴィラ16棟、レストラン3軒、美しい景色が自慢のカクテルバーを備えているほか、心身ともにくつろいで活力を回復させ、気分を一新させるのにぴったりな設備やアクティビティも多数ご用意しています。受賞歴を誇る高級スパ、水上のフィットネスセンター、ヨガプログラム、ウォータースポーツ、プライベート ダイニング、24時間対応のバトラー、プライベート シェフ サービスをお楽しみいただけるほか、美しい海でのシュノーケリングやダイビングもご満喫いただけます。ダイビングをされる方はリゾート内のPADI認定ダイビングセンターへどうぞ。世界有数の美しいサンゴ礁が見られる絶好のポイントへご案内いたします。

 

メラドゥー島のGaafu Alifu Atollに位置する当リゾートへは、マレの空港から飛行機(55分)、さらにスピードボート(15分)でお越しいただけます。


Raffles Jeddah, Kingdom of Saudi Arabia(ラッフルズ ジェッダ、サウジアラビア王国)(2020年)

豊かな中東の歴史に囲まれ、絶好のロケーションを誇るRaffles Jeddahは、181室のゲストルームと188室のブランドレジデンスを備えたホテルです。挙式を終えたばかりのお客様のためのスペシャルウェディングスイートのほか、ライブラリー、最上階のエンターテインメントスイートもご用意しました。トリートメントルーム8室とフィットネスクラブを備えた1,200㎡のスパも併設されます。

 

さらに、コーニッシュエリアを見下ろす1,500㎡のボールルームや、1,000㎡のミーティングスペースなど、最先端のイベント&ミーティング施設も完備。男性専用のラウンジを含む、ホテル内に6軒あるレストランやラウンジもご利用いただけます。


Raffles Shenzhen, China(ラッフルズ深圳、中国)(2019年)

Raffles Shenzhenは、Raffles Beijing(ラッフルズ北京)、Raffles Hainan(ラッフルズ海南)に続く、中国で3軒目のラッフルズホテルです。2019年にオープンが予定されているRaffles Shenzhenは、地上80階の新複合施設、One Shenzhen Bay(深圳湾1号)の最上階に位置します。中国南部の経済の中心地にあるRaffles Shenzhenは、深圳の新たなランドマークとして、この都市に新たなレベルの贅沢とサービスをお届けします。

グローバルなデザイン会社のKPFが手がけた、美しいデザインと建築のOne Shenzhen Bayは、新しく誕生した前海経済特区へと直接アクセスできる、深圳湾金融センター内という好立地も魅力の一つ。深圳灣公路大橋と、国境である深圳湾口岸がすぐ対岸にあるRaffles Shenzhenから香港の中心部までは、車でわずか30分の距離です。

広大な眺めをお楽しみいただける、ゆったりとした贅沢な客室200室のほか、サービス付きレジデンスをご用意しています。レストランとバー4軒、ビジネスや社交のお集まりに最適なプライベートミーティングスペースやイベントスペースのほか、ラッフルズ スパもご利用いただけます。その127年の歴史と評価の高いラッフルズのバトラーとともに、Raffles Shenzhenはエレガントで心のこもった、きめ細やかなサービスを深圳のお客様にご提供いたします。


Raffles Udaipur, India(ラッフルズ ウダイプール、インド)(2019年)

2019年12月に開業予定のRaffles Udaipurは、インド初のラッフルズホテルとなります。「東洋のヴェニス」との異名を持つウダイプールは、インド西部の州ラージャスターンに位置し、文化遺産や湖、寺院や宮殿が多いことで知られる街です。ウダイプールの主要観光スポットへのアクセスも便利なこのリゾートは、1,100㎡の広さを誇るラッフルズ スパ、ロングバー、ライターズバーをはじめ、屋上レストランや終日ご利用いただけるダイニングレストラン、プール&デッキなど、ラッフルズならではの多彩な施設を完備しています。 湖中央の島に建つRaffles Udaipurは、101室を擁する、独特の魅力を放つリゾートです。

アコーホテルズのロゴ
© Copyright 2018 AccorHotels.All rights reserved.

ラッフルズ。1887年から受け継がれる伝統のサービス。