ナビゲーションをスキップ
客室のご予約

プレジデンシャル スイート

Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)のプレジデンシャル スイートのベッドルーム ラッフルズに最も縁の深い人物にちなんで名付けられた2つのプレジデンシャル スイートは、ホテルで最も華麗なお部屋です。サーキーズ スイートおよびサー スタンフォード ラッフルズ スイートは本館に位置し、私道を一望することができます。建築美を誇るこれらのスイートには、パーラー、ダイニングルーム、2つのベッドルームがあり、どの空間もアンティークやアート作品で彩られています。

サーキーズ スイート

歴史の浪漫が漂うサーキーズ スイートは、1920年代の植民地時代初期のバンガローを思わせるお部屋です。室内には、1930年代にイランで製作された、6x4mもある手織りのカーペット、Tiffany & Co.のオーデュボン シルバー フラットウェアと、それらにぴったりマッチする磁器、広東省のブラックウッドで作られた20世紀初頭のリクライニングチェア2つなど、貴重な調度品の数々を配しています。

スイートの名は、ラッフルズ ホテルを創業し、1930年代初頭まで運営していた家族の名前に由来しています。アルメニア出身のサーキーズは、マレーシアのペナン島にあるイースタン アンド オリエンタル ホテルやミャンマーのヤンゴンにあるザ ストランド ホテルの経営者でもありました。

サー スタンフォード ラッフルズ スイート

フレンチコロニアル様式のテーブルや、繊細な真珠の象眼細工が施された20世紀初頭のコーヒーテーブルなど、サー スタンフォード ラッフルズ スイートには、他では見ることのできない宝物があふれています。1870年にロンドンで出版された、スタンフォード・ラッフルズ卿による『ジャワ誌』から抜き出されたプリントといった貴重なコレクションもご覧いただけます。

シンガポール近代化の父と呼ばれるスタンフォード・ラッフルズ卿は、この壮麗なスイートの名にふさわしい偉大な人物です。東インド会社の官吏であった彼は、洞察力に優れた才能豊かな動物学者として、また歴史学者として大いに尊敬され、爵位を授与されました。

客室のサイズ:260㎡

客室設備
- 2ベッドルーム
- 広々としたパーラー
- ドレッシングエリアとエンスイート バスルーム
- Nespresso(ネスプレッソ)コーヒーマシンを備えたパントリー
- プライベートのベランダ

バスルーム

- 大理石のタイルをあしらった広々としたバスルーム
- 独立したウォークイン シャワーとバスタブ
- ダブルシンクの洗面台
- 贅沢なテリー織りのローブ
- デザイナー バス用品

テクノロジー
- 無料の高速ワイヤレス インターネットアクセス
- DVDプレーヤー


サービス

- ラッフルズの24時間バトラーサービス
- 毎日のターンダウンサービス
- 枕のメニュー
- 無料のウェルカム フルーツ
- 日刊新聞
- エクスプレス ランドリーサービス
- 24時間のインルームダイニング
© Copyright 2016 FRHI.All rights reserved.
ご予約可能な空室を検索中です。

お待ちいただきありがとうございます。

ラッフルズ。1887年から受け継がれる伝統のサービス。

パスワード変更のお願い

パスワードの要件が変更されました。
お手数ですが、以下の条件を満たすパスワードに変更をお願いいたします。

  • パスワードには以下を含む必要があります。
  • -8文字以上
  • -大文字1文字
  • -小文字1文字
  • -0~9の数字1文字または特殊文字1文字。

ユーザー名とパスワードを同じものにすることはできません。