ナビゲーションをスキップ Your browser does not support frames.
客室のご予約

シンガポール スリングの歴史

Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)のバーテンダー嚴崇文(Ngiam Tong Boon)が生み出したシンガポール スリング

キャンペーンの内容

国を代表するカクテルとして広く認知されているシンガポール スリングは、1915年に、Raffles Singapore(ラッフルズ シンガポール)のバーテンダー嚴崇文(Ngiam Tong Boon)によって生み出されました。ジンベースのカクテル、シンガポール スリングの主な材料はパイナップルジュースで、グレナデンシロップやライムジュース、ベネディクティンDOMなども使われます。ピンクに色づいているのは、チェリーブランデーとコアントローが入っているからです。バーテンダー嚴崇文は、意図的にこのバラ色を選んだのです。

20世紀初頭、植民地シンガポールにおいて、Raffles Singaporeはコミュニティの人々が集う場所であり、ロング バーは社交場となっていました。そこでは、紳士たちがゆったりとジンやウィスキーのグラスを傾ける姿がよく見られました。ところが残念なことに、女性が人前でお酒を飲むことはエチケット違反と考えられていたため、世間体を気にする女性たちは、フルーツジュースや紅茶を選ぶのが一般的でした。

才能豊かな嚴崇文は、そこにニッチ市場を見いだし、一見フルーツジュースのようでいて、実はジンやリキュールが入っているカクテルを作ることにしました。ピンク色にすることで女性らしさを演出するとともに、透明なアルコールを用いることで、社会的にも許容される女性向けのドリンク、というイメージを巧みに作り上げたのです。そんな背景から生まれたシンガポール スリング。瞬く間に大ヒットとなったのは言うまでもありません。

シンガポール スリングの歴史について、当ホテル専属の歴史案内人レスリー・ダンカー氏の説明をお聞きになるには、こちらをクリックしてください。
シンガポール スリングの作り方の動画をご覧になるには、こちらをクリックしてください。

© Copyright 2016 FRHI.All rights reserved.

ラッフルズ。1887年から受け継がれる伝統のサービス。