ナビゲーションをスキップ Your browser does not support frames.
客室のご予約

王宮

シルバーパゴタは、王宮の敷地内にあります。王宮の光り輝く黄色の壁の中では、即位殿や、伝統的なカンボジア舞踊の上演のために建てられたチャンチャヤ殿を見ることができます。

元々は木造だった王宮は、ノロドム王が即位していた1892年に建てられましたが、1962年にシハヌーク国王(現国王の父)によって、現在の壮麗な姿に改築されました。シルバー パゴダの床には、それぞれ重さ1.125kgの銀製タイル5329枚が敷き詰められています。その床だけで銀の重さは6トンを超えます。寺院としての機能よりも、重要文化財としての役割が大きくなっているこのパゴダには、17世紀につくられたエメラルド ブッダをはじめ、金、銀、青銅などの貴金属やダイヤモンド、サファイア、ルビーなどの宝石を使ってつくられた、1650点の仏教美術品が収められています。

本堂の中に立っている弥勒菩薩像は純金製で、重さは台座と日傘を合わせて90kgにもおよびます。全体に2086個のダイヤモンドが散りばめられ、王冠には25カラットの宝石が飾られています。

詳細およびお問い合わせは、下記までご連絡ください。
TEL:+(855) 23 981 888
Eメール:concierge.leroyal@raffles.com

© Copyright 2016 FRHI.All rights reserved.

ラッフルズ。1887年から受け継がれる伝統のサービス。